SONG Piano Duoによるブログです。
音楽アカデミー

京都にて3月末から二週間に渡るアカデミーが終了致しました。今年もパスキエ教授ヴァイオリンクラスの伴奏をさせていただき、この二週間沢山学び、大好きなパスキエ先生との時間に、関係者の皆様に心より感謝の気持ちが込み上げました。

 

教授陣コンサートにて桜

13:49 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
真っ赤なドレスの週間・・

母校夕陽丘では憧れの先輩方・誇れる後輩の方々と一緒に演奏させていただき、びわ湖ホールでは435人もの方々にご来聴頂きました。お世話になりました皆様、お越しくださいました皆様、楽しい時間をどうも有難うございました。

 

皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

 

 

 

 

 

この日、びわ湖は濃い霧に包まれ、幻想的でした…。

 

 

ピアニスト6人でのアンサンブルは、楽しく、パワフルでした!

 

 

 

びわ湖ホールのクリスマスツリー

 

Hwayoung

20:10 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
秋のコンサート終演後記

日が短くなりあっという間の一日に感じますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?更新が遅くなりましたが、夏から秋にかけて演奏させていただきましたコンサートの中からいくつかご報告差し上げたいと思います♪

 

10月末は、ソプラノ池川宏美さん・睫斃紀さん、ピアノ宋和映による「歌とピアノによるコンセール・ポエティック」を開催致しました。ドリーブのオペラ《ラクメ》第1幕〈ジャスミンとバラの厚く群れ咲くアーチの下を〉では、美しい花の二重唱が響き渡り、池川さんによる詩の朗読付きのラヴェルの夜のガスパールはとても印象的でした。

 

 

 

11月は、ザ・フェニックスホールにてヤヒャン木管五重奏団演奏会に出演させて頂きました。合わせの時から楽しく、素敵なメンバーとのアンサンブル、楽しみにしていたプーランクのピアノ六重奏曲など、大変勉強になりました!

 

 

 

ピアノデュオコンサートでは素敵なお庭の前で、演奏後もたくさん温かいお言葉をいただき嬉しかったです。ピアノデュオは今月12/21(水)13:00〜、びわ湖ホールロビーコンサートにて演奏致します。お誘い合わせの上ぜひお越しくださいませ♪

 

 

11月は島村楽器さんにて松浦奈々さんヴァイオリンコンサート、そして夏にファジル・サイのヴァイオリンソナタをご一緒させて頂く機会をいただき、先月シンフォニーホールでのファジル・サイの来日公演を聴きに行きました。サイ作曲のイスタンブールシンフォニーは、目の前にトルコの風景が広がるような作品で、本当に素晴らしい演奏会でしたキラキラ

 

先週は横浜みなとみらいホールにて学生音コン全国大会の伴奏へ。素晴らしいヴァイオリニストの皆さんの熱演と、会場の温かい拍手に胸が熱くなりました。

 

 

お世話になりました皆様、演奏会にお越しくださった皆様、どうも有難うございました。寒い日が続きますので、お身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

 

Hwasoon雪雪

13:11 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
Piri

先日、従弟が好んで作る“ピリ”(韓国縦笛)が、San Francisco交響楽団の首席オーボエ奏者Eugene Izotov氏の手に渡りました!


San Francisco響の来日ツアーに間に合わせるべく、従弟のヨンミンは短期間で沢山のリードや笛を作り、私も英⇔韓通訳士としてメールのやり取りや、制作過程でのサポートをさせていただきました。フェスティバルホール大阪でのコンサート当日の朝、ホテルの一室で楽器特有の伝統奏法を説明させていただき、12月にSan Franciscoで演奏されるとのこと、とても楽しみです

 

この日の出来事が、San Francisco Symphony Tour Blog: http://sfstour.tumblr.com/

International Double Reed Societyの記事:”Eugene Izotov and His New Non Oboe Acquisition! It's the Korean Piri.”

https://www.idrs.org/IDRSBBS/viewtopic.php?id=19984にも大きく取り上げられました。

 

 

 

素晴らしい、大変印象的な出来事でした。

 

Hwayoung

20:36 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
コンサート終演後記

こんにちは!真夏も近づいて参りましたが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか?近くの神社から、夏祭りに向けて、練習が毎夜行われており、お囃子の音が聴こえてきます。「今年もやっと夏が来たなぁ」と実感する今日この頃…うちわ

さて、遅くなりましたが、近頃演奏させて頂きましたコンサートの中からご報告差し上げたいと思います。

 

 

おんぷ5月19日は、神戸芸術センターにて開催された“自治体総合フェア”にて、ロビーコンサートに出演。ショパンのエチュード9曲を演奏致しました。

 

この日はベヒシュタイン製のピアノが割り当てられました。

 

 

おんぷ6月15日は、ベーゼンドルファー社の新作ピアノ、モデル280VCの発表会にて、コンサートをさせていただきました。世界で6台目に生み出されたウィーン生まれのピアノ、日本には現在1台のみということで、いち早く演奏させていただけるという貴重な機会をいただき、誠に光栄でした。音量の幅も広く、表情も実に豊かで、全く新しい、素晴らしいピアノでした。

 

ベーゼンドルファー社の方々が、ウィーン、東京からいらっしゃっていて、客席にいらした皆さまも、ピアノの音はもちろん、演奏についても喜んでくださって温かいお声掛けをくださり、感無量でした。

 

     水玉    水玉    水玉    水玉    水玉

 

様々に趣の異なるコンサートに出演させていただけて、本当に幸せなご報告ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
お世話になった沢山の方々に、深くお礼申し上げます。

 

和映

07:39 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
音楽アカデミーにて
京都にフランスの巨匠たちが集いました。二週間に渡る音楽アカデミーにてR. パスキエ教授のヴァイオリンクラス伴奏を担当させていただきました。先生は楽しく、いつも熱心に、為になる話や素直な意見を沢山聴かせてくださいました。最高の音楽に包まれた、本当に幸せな2週間でした。
お世話になった皆様に感謝いたします。
満開の桜が祝福してくれるような、素敵な雰囲気のなかで、講習会は終了しました。

23:06 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
リサイタルのお礼

10月24日、神戸でのリサイタルにご来場くださった方々へ、応援してくださった皆様へ、心より感謝申し上げます。

沢山の方々の温かい支えによって成し遂げられました。
客席で聴いてくださる一人一人の方にとって、意味のある舞台にしたいという強い想いで取り組みましたが、私にとって、本当に幸せな一時を過ごさせていただきました。
今回の成功点も改善点も含めて見直し、演奏家として、更に精進して参りたい所存です。これからもまた、温かく見守っていただけますと幸いです。

録音、写真、録画を撮っていただきました。追って、皆様にお届けしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

 

hwayoung

16:14 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
取材記事のご紹介

Under 35! 取材記事が雑誌に掲載されました。

23:22 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
宋和映ピアノリサイタル

朝夕涼味を覚えます頃、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度10月24日(土)、神戸芸術センター芸術劇場にてピアノリサイタルを開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
プログラムは、大学で学んでいた頃から、昨年の夏まで滞在しましたフランス留学期間中も、これまで長い期間に渡って温めて参りました、思い入れの強い作品たちです。この度、ぜひお聴き頂けますと幸甚に存じます。



第106回神戸芸術センター定期演奏会

宋 和 映 ピアノ・リサイタル
SONG Hwayoung Piano Recital

2015年10月24日(土) 14:30開演/14:00開場
神戸芸術センター2F 芸術劇場

ベートーヴェン:6つのバガテル 作品126 第5番 ト長調、
ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 作品90、
ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 「ワルトシュタイン/曙光」
ショパン:夜想曲 第18番 ホ長調 作品62-2
ラヴェル:水の戯れ
ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》

13:18 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
二台ピアノ

5月頃から本格的に二台ピアノの練習を始めました。まずはラヴェル、ミヨー、モートン・グールドの二台ピアノのための作品を選びました。連弾の時はプリモがメロディー、セカンドは伴奏ということが多いですが、二台ピアノでは対等にメロディーと伴奏と交代で弾いたり、とても華やかで楽しいですひまわり



どうぞ皆様、素敵な夏を元気にお過ごしください。

00:07 / コンサート、演奏、その他 / comments(0) / trackbacks(0)
1/4PAGES >>